スポンサードリンク

全日本女子バレー新鍋理沙選手のスパイクが進化した理由は?

2014年にイタリアで開催される「世界バレー」
そのアジア予選がテレビ放送され話題となっているようです。

木村沙織がキャプテンとなり、その活躍が期待された試合で、
なんと!彼女以外の選手の活躍が目立つ大会となっているようです。

 

今まで
試合には出場していなかった
石井優希選手のスパイクがバシバシ決まり、

 

これまでパッとしなかった新鍋理沙選手が
目が覚めたかのようにスパイクが決まりだし、得点につながっているのです。
新鍋 理沙
そんな
注目急上昇の新鍋理沙選手について調べてみました。


石井優希

【石井優希選手の画像や出身校などについては下記の記事で紹介しています】

 

 新鍋理沙選手のプロフィール

名前は新鍋理沙(しんなべりさ)
珍しい苗字ですね。

1990年7月11日生まれの23歳です。
身長は173センチとバレー選手の中ではやや小さめでしょうか?
新鍋 理沙2
彼女は現在久光製薬スプリングスに所属しており
全日本女子バレーのメンバーに選ばれています。

2012年のロンドンオリンピックにも出場しており銅メダルを取っていますね。
しかしこのオリンピックでは、木村沙織選手の活躍が目立っており、新鍋選手はそれほど印象に残っていない
というのが本音なのではないでしょうか??

安定したサーブとレシーブに定評があるようで
スパイクという印象は無かったのですが・・・・

 

新鍋選手の変化について

今回の
世界バレーアジア予選では・・なんと!!
新鍋選手のスパイクが炸裂していますね。木村沙織選手よりもスパイクが決まっているようですね。

 

そんな彼女を変えたのは
久光製薬スプリングスの監督である中田久美監督だったようです。
中田久美
オリンピック後、新鍋は体調を崩し調子が優れなかったようなのだ。
それを見て中田監督は
「苦しい時にこそ光らないとメダリストじゃない」
「メダルを持つ選手のやるべきことは、他の選手とは違うんだよ」とあえて厳しい声をかけたという。

 

 

これをきっかけに意識が変わり調子が上がってきたようなのだ。
「昨季は、人任せで、苦しいところは誰かが決めてくれる、という感じだった。でも今季は、
苦しい時には自分が流れを変えるんだという気持ちでやっています。
私がやらなきゃいけない、と思うようになりました」と自身がコメントしているようです。

 プロとしての自覚

まさにプロ意識に目覚めたということなのでしょう。

この変化が今回の全日本での活躍につながっているようです。
今後チームを引っ張っていく選手になりそうですね。

 

そんな彼女がネット上で話題となっているのはルックスのようです。
かわいいというより美人の部類に入ると思うが
そのアイドル選手として木村沙織選手の人気に迫るようですね。
木村沙織

Sponsored Link


 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。

 

関連記事一覧

タグ: 2013年9月6日 | コメントは受け付けていません。 | 芸能