スポンサードリンク

NTTドコモの白と黒のチェロ外人トゥーチェロズとは?曲名は?

iphoneの販売を決めたNTTドコモ。
これまで同社は「ドコモダケ」をキャラクターにとぼけたCMを展開していたようだが

「ドコモのツートップ」CMはこれまでのものとは違い、情熱的になっており
話題となっているようです。
トゥーチェロズ
白と黒のチェロを弾くイケメンな外人。
そしてアクションが激しく、引き込まれます。
そんな話題の彼らについて調べてみました。

 

トゥー・チェロズとは??

話題となっているCMは
NTT DOCOMO「ドコモのツートップ(2CELLOS)」篇というタイトルが付いているようです。
そして演奏しているのは
2CELLOS(トゥー・チェロズ)という2人組のユニットのようです。

実はアルバムなども発売しており
ドコモのCM楽曲は「影武者」というタイトルで販売もしていうのですね。

この2人は
クロアチア出身のイケメン・チェリストで、
ステファン・ハウザー(27歳 黒色)ルカ・スーリッチ(25歳 白色)。
まるでオセロのようですね。

 

話題のCM曲は「影武者」

CMの曲は
「チェロ演奏で東日本大震災の復興のために何かできないか」と考案したという。
漢字を使った「影武者」というタイトルも「ぜひ漢字でタイトルを付けたい」と考え
自分達で日本語を調べて決めたというのだ。

その楽曲のメロディ(フレーズ)も
ペンタトニックスケールという日本人好みのスケールを使用しており
日本人にとって違和感無く耳に入ってくるものになっているようです。

おそらく彼らは
ペンタトニックスケールを使うことで
「日本人」を意識し、「ロックギターのフレーズ」の両方を取り入れることが出来るので
あの、メロディになったのではないかとうわさされているようですね。

 

白と黒のチェロ

楽曲のすばらしさも評価されているようですが
見た目のインパクトも強いですね。

白と黒です。
衣装を白と黒にするのはわかりますが、楽器にまで色を付けるとは恐れ入りました。

エレキギターの場合はハウリングという現象を軽減するために
ボデイの振動を妨げる必要があるので、ボディが空洞になっていなかったり、着色したりしているようですが・・・

クラシックの楽器は
「鳴りが命」ということもあり、楽器に色を付けるという行為は
「超邪道!」でクラシック演奏者には考えられない ことのようです。

それをあえて、
楽器にも着色し世界で初となる、白と黒のチェロを演奏するなんて・・・
発想がすばらしいです。

しかしこれは日本のCM用のチェロのようです。
Liveではエレクトリックチェロ(Electric cello)を使用しているようですね。
機種はおそらく・・・

トゥー・チェロズ2

ヤマハのサイレントチェロSVC110Sでは ないでしょうか??
レコーディングは着色していない自分のお気に入りの楽器を使用すると思われますが、
ステージでは、アクションが必要なるのとハウリングを抑えるのを目的として
サイレントチェロを使用しているのでしょう。

しかも、エレクトリックチェロだと、エレキギター用のエフェクターが使えるので
音作りにも幅が広がります。
imgres

弾いているときのアクションを見る限り
ステージでのライブパフォーマンスを重視しているからこそ
ここまで注目されてきたのでしょうね。

しかしレコーディングには、彼らが気に入っている楽器を使用しているようですね。
2チェロ

 

 

注目度はハンパない

その実力を認められ
エルトン・ジョンとの世界ツアーにも同行しているというから驚きですね。

彼らは今後さらに
さまざまなアーティストと共演して話題となることでしょう。

エリック・クラプトン
スティービー・ワンダー
などと共演するかもしれませんね。

そして
ライブパフォーマンスを重視しているスティーヴ・ヴァイとの共演もありうるかもしれません。

・・・って
もう共演しているようです!!!

 

映画クロスロードの
クロスロード
ギターバトルシーンを思い出す動画ですね!熱い!!

Sponsored Link


 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。

 

関連記事一覧

タグ: 2013年9月8日 | コメントは受け付けていません。 | 芸能