スポンサードリンク

竹中夏海の正体は?振付師?評論家?ZIPへ抜擢の理由とは?

日テレ「ZIP!」の「チューモーク!」というコーナーでアイドル関連のときに
VTR出演している「竹中夏海」って何者??
と調べる人が多いようですね。
s-竹中夏海3

そこで!彼女についてまとめてみました。

竹中夏海プロフィール

竹中夏海(たけなか なつみ)は1984年6月10日生まれの29歳。
埼玉県出身の振付師(コレオグラファー)なのです。

プラチナムプロダクション所属しており女優としても活躍しているようですね。
s-プラチナム

実はアイドルヲタクだそうです。
その知識を活かし「TVや雑誌」「ラジオ」でアイドル評論家として
活躍しているのです!

 

女優

現在は振付師として活躍している彼女ですが、
実はデビューは女優だったのです。

 

なんと!
1995年のミュージカル「美少女戦士セーラームーンSupers 夢戦士・愛・永遠に」
ちびうさ役でデビューしているのです
セーラームーン

 

その後映画「手を握る泥棒の物語」などに出演。
彼女の経歴には空白の数年間がありますが
その期間は活動を休止していたようです。

 

ダンス

彼女は5歳からモダンバレエを習っていたようです。
しかし中学になるとバレエからジャズダンスへ転身したようですね。
そして高校では新体操部に所属。
ダンス

ところが、高校2年のときにチアダンス部のピンチヒッターとしてヘッドハンティングされ、以来チアダンスに没頭したようです。
日本女子体育大学へ進学し舞踊学を専攻。

 

実は彼女は中学生の頃から、自分で踊るよりも振付や教える方が好きだったよう
ですね。

 

大学の頃に何かの振付師になりたいとぼんやり考えていたようです。
そして!運命の出会いは「2007年の紅白歌合戦」

紅白でBerryz工房が「付き合ってるのに片思い」を歌っているのを見て
「アイドルの振り付けだ!」と思ったようです。

 

そして自分の売り込みのため
2009年に女性アイドルグループ「ぱすぽ☆」のブログへメッセージを送信。
ぱすぽ☆

すると・・・
「アイドルに詳しいという理由で振付師として採用」されたのです!
ここから彼女の振付師としての人生がスタートするのでした。

 

「ぱすぽ☆」がインディーズ時代から振付を担当。
メジャーデビューし、「少女飛行」で オリコン1位になり、
注目されるようになるのです。

 

振付師として高評価は??

彼女は振付師の立場で高く評価しているのは

 

【ハロプロ】
ダンスの実力は「ハロプロ」が№1のようです。
K-POPアイドルは比べ物にならないようです。

ハロプロはみんな上手いとのこと。
かわいい動きをやっていても、実はスゴく難しいことをやっている。
さらに「本格的にできるのに、あえてやらない贅沢さ」が良いそうです。
ハロプロ
プロの意見というか、マニアの意見ですね。

 

【最強のアイドルダンサーは?】
彼女曰く最強のアイドルダンサーはPerfumeの「のっち(大本彩乃)」だそうです
「彼女はもう別格!」のようですね。
大本彩乃
「完璧な振付と、それを体現する表現者としてのアイドル」
という本人と振付師とのコンビネーションが上手くマッチしてこのような
高評価になっているよいうです。

 

【振付師 竹中夏海の好みは?】
彼女の好みは元AKB48の前田敦子のダンスだそうです。
前田敦子
「かっこいい」そうです。
彼女のダンスは全部出来た上で、コンパクトに凝縮しているそうです。
「はりきってなさ」がカッコイイそうです。

 

アイドル評論家 竹中夏海の一推しアイドルは?

彼女が一推しするアイドルはBerryz工房の「ももち」こと嗣永桃子。だそうです。

 

彼女のことを「嗣永プロ」と呼び、
「非常に高いプロ意識」を表現しているようです。
嗣永桃子

 

ももちと言えば「ももち結び」で「許してにゃん」
というぶりっ子キャラなのですが、実はかなり計算されつくしているようなのです

 

竹中夏海が分析する「嗣永プロ」とは・・・
この内容は2013年3月放送のフジ「笑っていいとも!」で語ったものです。

1.10歳の時から既にプロ意識があった。
・石川梨華のファンだった彼女はオーディション合格直後には
「もうファンじゃありません。先輩です」とコメント。
・「歌で人の気持ちを明るくしたい。きっと人生にくじけてる人がいっぱいいると思うから」

 

2.握手会が好評!
彼女の握手会は「会話がしたいので、ありがとうは先に言っておきます」
と先にコメントしておき、少しでも会話が出来るように配慮。

さらに自分から先に手を握りに行き、相手が離すまで握り続ける。
「ファンよりがっついている」らしい。

 

3.営業力と企画力
テレビ番組ではどんな状況でも「ぶりっ子アイドル」としてのキャラを貫き通す。

中学生の頃には彼女自身がイベントの企画を半日でまとめあげ、
スタッフに提案し説得、そして実現した実績がある。

 

4.まとめ
自分を客観的に分析し、立ち位置やニーズを考え行動するという
自己プロデュース力と実践力が伴っている。

と大絶賛だったのです!

 

「ZIP!」へ抜擢!

竹中は日テレ「ZIP!」に出演します。
しかしレギュラー出演ではなく、「チューモーク!」というコーナーで
しかもアイドル関連のときにVTR出演するのです。
竹中夏海2

アイドル評論家として出場するのですが、
これまでは男性の評論家が多かったところに、
女優としての経験がある彼女が登場!

 

テレビ的にはルックスが良い女性の方が好まれるので、
彼女に出演依頼が来たと考えられます。

振付師としての視点からも分析するので
彼女のアイドル分析は好評のようですね。

 

竹中夏海の今後は?

竹中夏海は今後も振付師の視点からのアイドル評論家として多くのテレビ番組やラジオなどで活躍すると思われます。

アイドルを楽しく見る方法を提供するとしてその地位を確立するでしょうね。

Sponsored Link


 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。

 

関連記事一覧

タグ: 2014年1月7日 | コメントは受け付けていません。 | 芸能