スポンサードリンク

和田アキラは松岡直也のギターリスト!杏里や中森明菜の曲で!

和田アキラって知ってますか??
和田

芸能界のゴッドと呼ばれている「和田あき子」ではありません。
しかも!彼女とは全く関係ありません。。

和田アキラはギターリストなのです。
現在57歳で
日本のフュージョンを代表するギターリストなのです。

彼は
プリズム というバンドに在籍しています。
その超絶プレイは定評があります。
和田アキラ

 

なんと!彼は中卒なのです。

プロになることを目標として高校へは進学しなかったそうです。

有名な
松木恒秀に師事すしたのが16歳というから
40年前なのですね。。
松木恒秀
ということは
ギター暦は40年以上!!!!
すごいです。。

 

和田アキラのプリズムがデビューしたのが1975年。
エリック・クラプトンが在日したとき、プリズムは前座で演奏したのをきっかけに
その名が知られるようになったようです。

そして彼の出世作?出世バンドは・・・

80年代に参加していた
「松岡直也グループ」
このバンドへの参加が彼のギターリストとしての地位を不動のものとしたのです。
松岡直也

 

さわやかなサウンドに
和田のテクニカル&ハードプレイが炸裂!
アランホールズワースのようなフレーズが、これが非常にマッチし、現在でも
和田が参加した松岡直哉の演奏は人気が高い!

 

和田はスタジオミュージシャンとしても数多くの曲に参加しており

商業的に一番売れたのが

杏里のシングル「CAT’S EYE」(1981年)
あのハーフトーン+コーラスエフェクトのカッティングは彼の演奏のようだ。
この曲はアニメ キャッツアイの主題歌ということで、低予算でレコーディングされた。
(杏里もまだ当時は無名だったようです)

レコーディング時間の都合上、一発OKとなったようです。
和田のライブでは「再レコーディングしたかった」という話をしていました。

 

さらに!松岡直也が曲を提供した中森明菜のヒット曲「ミ・アモーレ」、
ミアモーレ
わたせせいぞう作の「ハートカクテル」のテレビアニメの音楽などに参加している。

 

80年後半には
松岡直也がメイン講師のNHK教育テレビで放送の「NHK趣味講座 ベストサウンドⅣ」で
ギターの講師を務めたのです。

アシスタントは
谷村有美
80年代にシンガーソングライターとして活躍しました。
谷村有美

 

 

そして当時生徒役だった
「大橋 真吾くん」は大橋勇 なのだろうか??
という疑問を良く聞きます。。。

大橋勇は現在松岡直哉グループのギターリストなので
この番組が縁で・・・
とも考えられますね。

大橋くん
ベストサウンド生徒役の大橋真吾くん

大橋イサム
大橋勇

似てるような・・・

しかし!大橋勇というのは本名だということで別人!ということが判明しました。
大橋勇

 

 

さて、和田アキラといえば
使用している和田アキラモデルが特徴的!

フェルナンデスの上位機種であるP-PROJECT。
同社のモデルを使用していたが、P-PRO創設者である西条八兄が独立。
彼のブランド「サイジョー」を使用しています。

しかも!!!
ピックアップのレイアウトが世界初となるSSHS配列!
これは和田配線と呼ばれているようです。
和田アキラモデル

リアピックアップの後ろにシングルコイル。。。というのは
カッティングで使用するハーフトーンを重要視しているためだと公言しています。

 

 

そんなスーパーギターリストなのですが
気になることがあります。。。

それは体形。。。
30代のころは「細い」という印象でしたが

ここ数年は・・・
091010_1642~0002
超メタボ!!!!

久しぶりに見た人は「びっくり!」すること間違いなし。です。

大きなおなかの上にギターを乗っけて
超絶プレイをするおじさん(おじいちゃん??)となってしまいました。

しかし
彼のプレイは衰えることは無いでしょう!

Sponsored Link


 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。

 

関連記事一覧

タグ: 2013年9月4日 | コメントは受け付けていません。 | 芸能